ベトナムのバイクサービス

21世紀のベトナムは、経済システムを市場経済に向けるという目標を追求しています。多様な市場と生活水準の向上により、輸送コストは急激に下がりました。関税の下落により、自動車所有の価格はベトナムの中産階級にとってより手頃な価格になりました。それに対応して、交通量が急増しており、2015年には約4,700万台の登録車両が報告されています。

バイクはベトナム人の生活に欠かせない

しかし、バイクは依然としてほとんどのベトナム人にとって欠かせないものです。運輸省によると、使用されている車の台数はわずか200万台であったが、バイクはおよそ4500万台です。ベトナムでは狭い通りや路地がたくさんあるため、車の駐車場が非常に見つけにくいです。一方、バイクの場合は、歩道か店の前で簡単に駐車できます。それに、交通渋滞になると、バイクは小さくて、渋滞を躱すこともできます。

バイクは歩道を妨げず、どこにも駐車可能

ベトナムでは、バイクが最も効率的な交通手段です。旅費を節約するだけでなく、生計を立てることもできます。具体的に、ベトナム語で「xe ôm」というヒッチハイクサービスは数年前に人気のフリーライターの職業でした。「xe ôm」はベトナム語で「バイク・抱きつく」という意味です。でも、本当に乗客が運転集を抱きつかなければならないということではなく、乗客が運転手の後ろに乗っている状況の比喩的な用語です。それに、タクシーに比べて、「xe ôm」はもっと安いです。例えば、GrabBikeなら、最初の2km以降わずか3.800VND/km(20円/km)ですが、Mai Linh Taxi(人気のタクシーブランド)は12.600VND/km(65円/km)、GrabBikeより3倍以上高いです。

電柱は、 xe ôm」の乗客を待つのお気に入りの場所

それから、グローバルIT革命はベトナムのローカルバイクやタクシーサービスに大きな変化をもたらしました。具全的に、2015年以来ベトナムでライドヘイリング業界が大ブームです。GrabBikeやUberMotoや Go-Vietなどの海外企業がベトナム市場に進出して、ローカルバイクやタクシー業界を支配してきました。その中で、Grabは最も人気があり、人口の20%がユーザーになっています(Vietnam Association of Corporate Directors)。

 

どんな天候にもかかわらず、Grabの運転手はあなたのためにそこにいるでしょう

「Xe ôm」とGrabBikeは何が違うのか?「Xe ôm」はを使用する場合は、料金と回り道して騙されないように、自分でルートの距離を知る必要があるし価格を掛け合ったほうがいいです。一方、バイクに乗るのを予約するためにモバイルアプリを使うほうが便利です。例えば、アプリは最も直接的なルートを示し、そして、運賃も固定されています。また最近、若者がデジタルウォレットなどの現金なしで支払いの利便さを享受しています。

したがって、人々は徐々に「Xe ôm」からGrabBikeに切り替えます。一見したら、唯一の違いは運転手が自営業者(Xe ôm)から雇用者(Grab)に切り替えることだけですが、より広い観点から見れば、伝統的な「Xe ôm」は海外の企業に敗北を喫して、徐々になくなっています。しかしそうであっても、もしすべての 「Xe ôm」運転手が乗客をだまさないようにすることで、もっと信頼できるサービスを改善できれば、その不幸な状況は完全に避けられます。

メトロシステムはホーチミンとハノイで建設中です。ベトナム政府はベトナム国民が公共交通機関をもっと使用することを奨励しようとしています。最近、汚染を減らして、そしてとりわけベトナムのライフスタイルを革命化するために、メトロが完成した後、2030年にバイクがホーチミンとハノイで放棄されるべきであるという提案があります。しかし、それが実用的かどうかはまだ議論の最中です。多くの人が毎日の列車の切符の価格を心配しています。誰もが買えるだけの安さを考えるべきです。

The following two tabs change content below.
Vy

Vy

運命のいたずらでフリーランスライターに。よく旅行し、アマチュアの旅行写真家としても活動中。
Vy

Latest posts by Vy (see all)

Related post

  1. ベトナムのコーヒー(2)

  2. 文化としてのベトナムコーヒー

PAGE TOP