ベトナムにおける最新動画広告とTik Tokの考察

こんにちは。 PRAP POINTSベトナム事務所のタムです。

今回は、ベトナムのデジタルランドスケープ、特にTik Tokの考察についてご紹介させていただきます。

  1. モバイルでの動画広告の台頭
  2. 成功する動画キャンペーンのレシピ
  3. ベトナムにおけるTik Tokの考察
  4. 最近のTik Tok ケーススタディ
  5. 概要:Tik Tokのマーケティングキャンペーンを成功させるもの

1.モバイルでの動画広告の台頭

近年スマートフォンの台頭は消費者のライフスタイルを変え、多くの人がオンラインで何時間も過ごし、ベトナムの広告市場においてもデジタルへの大きな転換の真っ只中にあります。ベトナムは人口の9700万人に対し、モバイルの契約者数が1億4500万件、契約率は148%です (Report by Hootsuite, 2020)。また、その内6500万人はアクティブなソーシャルユーザーです 。 中産階級の急速な拡大と収入の増加により、ベトナムの消費者はトップブランドのスマートフォンを購入できるようになりました。都市部を中心とする多くの人々は同時に2〜3台のスマートフォンを所有して生活水準を向上させています。

現状としてスマートフォン使用率やインターネットユーザーの割合が高いため、SNSは効果的な広告ツールとして、ユーザーとブランドの両方のニーズを満たしています。 最近の広告トレンドは動画形式の広告で、特にSNS上で動画広告を実施するケースが急増しています。 最近では、60秒未満の短い動画がベトナム国内の全世代に人気があります。 SNSのトラフィック・伸び率の高さから考えると影響度は非常に高く、ベトナムにおいて動画広告は既にマスの役割を担っています。

インターネットの 普及率が高い = オンライン動画の普及率が高い。

出典元 : https://www.decisionlab.co/blog/yes-the-internet-is-redefining-gen-zs-tv-habits

2. 成功する動画キャンペーンのレシピ

ベトナムの人口は若年層の割合が高く、市場においても購買力が高まっています。 現在、その若年層を中心に国民のほとんどは買い物の際にスマートフォンで情報を検索をする事に時間を費やしています。したがって、モバイル広告は多くのブランドがベトナムの若年層消費者とつながる唯一の方法になりつつあります。

ベトナムで成功した動画広告を見ると、ベトナムのユーザーはユーモアのあるコンテンツで有名なKOLを活用した動画を見る傾向があると結論付けることができます。

ベトナムでは、お気に入りのKOLのユーモアのある広告が拡散しやすい。

出典元 : https://www.decisionlab.co/blog/3-steps-to-master-mobile-marketing-in-vietnam

過去数年の間に、世界中のブランドから人気のあるKOLを活用するコマーシャル動画が大量に公開されています。 ベトナムも同じですが、有名なKOLを使用したミュージックビデオ・ブランディングが、現地で成功しているマーケティングキャンペーンに多く見られます。

たとえば、2020年4月6日、人気のベトナム人コメディアンによる「Bring COVID Away」という話題を呼んだミュージックビデオが、Tik TokとGrab Foodのスポンサーでリリースされました。 3日以内に、動画は300万回の再生、7K回のコメント、すべてのSNSチャンネル(YouTube、Facebook、Instagram、Tik Tok)で広く共有されました。

拡散する動画 = スポンサーや製品配置 + ユーモアあるミュージックビデオ + 有名なKOL

出典元: https://www.youtube.com/watch?v=Mdr184Y3fVc

3. ベトナムにおけるTik Tokの考察

Tik Tokとは、ByteDanceという中国企業が提供するスマホ向けの短い動画共有サービス、およびアプリケーションです。音楽クリップの視聴のみならず、15秒~60秒までの短い動画クリップの撮影および編集、さらに動画クリップへの特殊効果の追加が可能となっています。 Tik Tokユーザーは、チャレンジ、ダンスビデオ、手品、ユーモアのコンテンツなど、さまざまな動画を作成できます。

公開以来、Tik Tokの人気は飛躍的に高まっています。 ベトナムは現在、東南アジアにおけるTik Tokユーザーの成長率が最も高い国です。 ベトナムのユーザーは急速に新しいトレンドに追いつく事、またクリエイティブコンテンツを作成し、国内コミュニティ間でコンテンツを共有する事を好む傾向があります。

Tik Tokは有名人も愛用しているためアプリの人気が高まり、国内使用率が増加しました。

Image via Instagram

4. 最近のTik Tok ケーススタディ

・Tik TokでのCOVID-19に対する保健省による#StayHomeIsFunキャンペーン

2020年3月30日、Tik Tokは保健省および国連児童基金(UNICEF)と共に、#ONhaVanVuiキャンペーン(#StayHomeIsFun)を開始しました。 このキャンペーンは、COVID-19を収束させる為に政府の社会隔離指示に協力する事を目的としています。

このキャンペーンでは、Tiktokのユーザーは、#StayHomeCooking や #StayHomeHealthyとか#StayHomeLearningなど、自宅で行う活動を共有します。 これは社会で積極的なエネルギーを生み出し、在宅の退屈さを解消するためです。

このハッシュタグキャンペーンは、多くの有名な歌手とTik Tok KOLによって拡大され、10億回以上も再生されました。

Tik Tokでの#StayHomeIsFun キャンペーン

5. 概要:Tik Tokのマーケティングキャンペーンを成功させるものは何ですか?

#ターゲットの理解

Tik Tokプラットフォームのメインユーザーは若年層なので、ユーザーの心理と行動を洞察・理解することが重要です。ブランドがアイデアを適確に構築し、ユーザーの興味を引くコンテンツの方向性を構築する必要があるからです。

#コンテンツの作成

次にTik Tokの動画のコンテンツは、視聴者を惹きつけ口コミを広めるために、短尺でイメージが伝わり易い必要があります。

#インフルエンサーの選択

最後のステップはユーザーに対する「インフルエンサー」を選択することです。 インフルエンサーは製品情報を人々に広める手助けをするだけでなく、ブランドの製品に対する顧客の信頼にも役割を果たします。

したがって、Tik Tokの広告キャンペーンを成功させるためには、ブランド側の調査、適確なKOLの選定、更にTik Tokにおいて受託経験のあるエージェンシーとパートナーを組む必要があります。

Our Service

アジアの4か国に拠点を持つPRAP POINTSグループは東南アジアをメインに主に広告・プロモーションの実績を重ね、同時に日本法人を中心に数多くのインバウンドプロモーションを手がけてきました。多様性のあるチーム、独自のローカルネットワークとはアジア市場開拓の強い武器となります。以下のサービスを提供しています。

  • イベント(B2B・B2C向け)
  • プレスツアー(メディア・KOL)
  • コーポレートPR・コミュニティコラボレーション
  • メディア・インフルエンサータイアップ
  • アジア地域・日本での広告
  • 制作・マーケティングリサーチ

東南アジアでマーケティング活動を検討する際のベストパートナーとして、安心して選ばれる存在になるべく、メンバー一同、改めて事業に邁進していく所存です。お気軽に弊社窓口<contact@points-global.com>までお問合せください。

The following two tabs change content below.
Tam Dao
趣味はカラオケと家族に料理を作ること。

Related post

  1. ベトナムのコーヒー(2)

  2. 激しい値動きは日常茶飯事?ベトナムの証券市場について

  3. コロナウィルスが及ぼすベトナム国内への影響

  4. ベトナムでプレスカンファレンスを開催する際に知っておくべきこと

  5. 電子決済の勢いが凄い??ベトナムのフィンテック企業を紹介

  6. ベトナムの屋外広告

  7. ベトナムのメディア概要(TV編)

  8. 文化としてのベトナムコーヒー

PAGE TOP