コロナウィルスが及ぼすベトナム国内への影響

こんにちは。 PRAP POINTSベトナム事務所のタムです。 世界中でコロナウイルスの感染拡大により、ベトナムの日常生活や消費者行動にも多大な影響が及んでいます。直近(2月26日)では ベトナム国内の感染者約16名全員が完治しましたが、3月7日にベトナム国民は再度パニックに陥りました。理由は、新たな感染者が16名が発見されました(現在まで 死者は0)。現在(3月12日)コロナウイルス感染症の疑いがある101名の患者は国内で隔離されており、23,000人以上の患者が監視対象となっております。 ハノイ当局は、感染した患者の家の周りの街路を封鎖し、街路に消毒剤を散布しました。

コロナウイルスのため、政府にハノイの街路を封鎖されました。

出典:https://tuoitre.vn/ha-noi-cach-ly-hoan-toan-mot-doan-pho-truc-bach-sau-khi-co-1-ca-covid-19-20200306235722853.htm

コロナウイルスは、新聞、ソーシャルメディア、テレビで大きな話題を呼んでおります。 その結果、ベトナムの消費者、ライフスタイルや消費習慣に対して大きな影響を及ぼし始めました。

1/ ベトナムの消費者は以前よりも健康志向。

新しいニールセンの調査では、ベトナム人の消費者が東南アジア人の中で最も健康志向であることがわかりました。 彼らは、積極的な社会的および環境的影響に取り組んでいる企業(ESG企業)からの製品およびサービスに対して、追加の支払いをいとわない。 また、包装ラベルを注意深く読んで、自分の食べ物に入っている成分を知りたい傾向があります。 中流階級の拡大とベトナムの消費者の購買力の増加により、個人のライフスタイルはより良いレベルにアップグレードしていきます。

また、このコロナウイルスの大流行の間、洗口と清掃に集中することで身を守るために、マウスウォッシュ(+ 78%)、パーソナルウォッシュ(+ 45%)、在宅ケアなどのパーソナルケアの消費が増加しています。

出典:Nielsen VietnamとInfocus Mekong Mobile Panelが実施した調査。

さらに、この時、人々は新鮮な肉や魚介類を敬遠する傾向がありました。通常ベトナムの消費者は新鮮な肉に含まれる栄養素やビタミンが、美味しさを生むと考えるため、健康的な食事の認識に関して「新鮮さ」と「ウェットマーケット」を好む傾向があります 。 しかし現在ではコロナウイルスの影響により、ウエットマーケットの新鮮な肉が適切に検疫されているかどうか、国民が疑うようになってきました。

新鮮な肉が適切に検疫されているかどうか、国民が疑うようになってきました。

上記の理由から新鮮な肉を避けた結果として、インスタントラーメンなどの包装食品や冷凍食品が増加(+ 67%増加)しています。

2/ オンラインアクティビティも増加してきた。

コロナウイルスは、ショッピングと屋外消費にも影響を与えます。 ベトナムの消費者の50%は、スーパーマーケット/食料品店/ウェットマーケットを頻繁に訪れていません。したがって、ビールやアルコール飲料の売上が減少する一方で、オンラインショッピング、オンラインでの食品配送、および自宅での食料品の在庫増加傾向が増加しています。

自宅での食料品の在庫増加傾向が増加しています。

出典: https://vnexpress.net/kinh-doanh/nhieu-nguoi-dan-mua-do-tich-tru-4065672.html

この時期は多くの人々が家にいるため、オンラインコンテンツを見る人も増えています。 特に1日複数回に及びソーシャルメディア・保健省からのテキストメッセージ・テレビで病気の最新情報をフォローしています。

またベトナムの保健省と有名な歌手が協力して作成したCOVID-19コロナウイルスに関するミュージックビデオが若者の間で話題を呼んでいます。また、このビデオは世界中で人気を博しています。 政府の広報メッセージに人気が出ることはあまりないですが、Youtubeで500万回以上再生されました。

John Oliverの番組で取り上げられてアメリカでバズっているベトナムがつくったコロナの歌。

出典:https://kenh14.vn/cu-dan-mang-quoc-te-tang-bao-loi-khen-danh-cho-ghen-co-vy-sau-khi-len-song-truyen-hinh-my-tuyen-bo-day-la-bai-hat-hay-nhat-2020-20200303124359183.chn

3/ In summary

コロナウイルスの発生は、少なくとも2020年の第1四半期と第2四半期までベトナムに悪影響を及ぼします。ベトナムは予想していたGDP成長期待値を満たしない可能性があります。(おそらくGDP予想と比較して1〜2%減少します)。 しかし、ベトナムの経済は構造的に健全であり、また政府の支援もあり、今年後半に好調に回復すると予測しています。また今後は中国貿易への依存度を下げる可能性があると見られています(China Plus 1 = More FDI)。





The following two tabs change content below.

Related post

  1. ベトナムでプレスカンファレンスを開催する際に知っておくべきこと

  2. ベトナムのコーヒー(2)

  3. ベトナムのメディア概要(TV編)

  4. 電子決済の勢いが凄い??ベトナムのフィンテック企業を紹介

  5. POINTS PRパートナー紹介:GALAXY COMMUNICATI…

  6. ベトナムの屋外広告

  7. ベトナムのバブルティー

  8. ベトナムのバイクサービス

PAGE TOP